印刷はビジネスを大きくサポートしてくれる│刷っ得情報発信

コンテンツ

ネットで注文する

伝票印刷を扱う業者は色々ありますが、注文はインターネット注文が便利です。必要な項目を入力するとその場で見積もりを見ることができ、金額など納得できたらそのまま注文することが可能です。

詳細を読む

名札で名前を表示

ビジネスシーンでは名札は必要不可欠なものとなっています。名札を利用することによって、名前以外にも部署や役職、会社などの情報を知ることができます。名札制作する時には専門業者に依頼すると綺麗につくることができます。

詳細を読む

同人誌を印刷する

同人誌を印刷する場合に会社によって様々なサービスを利用することができます。 まず、印刷の質や種類によるサービスです。 選ぶ会社によっての質や用紙の種類に違いがあります。

詳細を読む

会社でも利用される

リーズナブルな価格で中綴じ印刷ができる印刷通販ならこちらでチェックしましょう。使用した方の口コミも見ることが出来ますよ。

個人でも制作しやすい中綴じ印刷

会社の会議などで使用する参考資料ですが、A4サイズの片面だけのプリントですと裏白がもったいない気がします。また、たとえ両面プリントをしても、その束をホチキスで留めるだけでは資料としての使い勝手に難があります。そんな時は、中綴じ印刷を応用して資料を仕上げると良いでしょう。 具体的には、A3用紙を二つ折りにすれば表裏でA4が4ページとなります。それを必要枚数分用意して、後は真ん中をホチキスなどで留めればよいのです。そうすれば中綴じ印刷物のような立派な冊子が出来上がります。 最近は中綴じに適したコピー機もホチキスも普及してきましたので、これからどんどん活用されてゆくことでしょう。

クリープ処理はケースバイケース

中綴じ印刷の冊子の折り目部分をノドと言い、外側を小口と言いますが、もしも一般の週刊誌のように小口をカットして断面を平らにしたいなら、クリープのことも考えると良いでしょう。 と言うのも、中綴じは紙の枚数が多くなればなるほど冊子は厚くなりますが、そのまま表紙に合わせてカットしてしまうと、内側の誌面までもがカットされてしまう危険があるからです。クリープ処理とは、そんな危険を防ぐためのものなのです。 やや専門的な話になりましたが、いずれにしても中綴じ印刷の場合は、大切な文字や絵柄などがカットされてしまわないように、仕上がり位置よりも数ミリ内側に印刷しておくことが大切です。

↑ PAGE TOP